南アフリカ “象がもたらした最高峰のクラフト GIN”

インドラブジンはアフリカ・サバンナに生息する象の糞から取り出し たアカシアやアロエ、アガトスマなどをボタニカルとしています。 象の好物であるこれらの植物は、香りの良さはもちろん強力な抗酸化 作用(ポリフェノール)を含み、胃腸炎などの内服または下剤として 利用される薬草として現地ネイティブの間で珍重されてきたものばか りです。

さらに象はその植物の中でも良質で新鮮なものを厳選し食すので、ア フリカでは古くから象からのボタニカルは薬として使用されてきまし た。その上質なボタニカルを抽出してできたのがインドラブジンです。 インドラブジンの美しい透き通る “ボタニカルイエロー” は、それら 植物繊維が厳選された証なのです。

インドラブのシリーズ

インドラブ・ジン オリジナル

アフリカ・サバンナに生息する、象の糞を洗浄・抽出して作られた最 高峰のクラフトジン。
象たちによって良質で新鮮な植物が厳選され、香り高いだけでなく、 強い抗酸化作用を持つため現地では古くから薬として使用されるほど、
豊富な栄養を含んでいます。
豊富で良質な食物繊維が厳選された証は、この美しく透き通る “ボタ ニカルイエロー” に現れています。

インドラブ・ピンクジン

サバンナの象が好んで食す果物「ウチワサボテン」の実。この果物に
はポリフェノール、ミネラル、ビタミンを多く含みます。
サボテンのトゲを、知的で器用な象たちは上手く足で処理しながら食
します。そんな象が好むウチワサボテンをジンに香り付けし、誕生し
たのがインドラブ・ピンクジンです。
目を閉じて、この一滴を味わって下さい。アフリカ象のもたらすサバ
ンナの優美な味わいと、アフリカの香りに身を委ねて下さい。

品質の保証

ボタニカルを抽出する工程で洗浄作業を入念におこなっています。 もともと象は食した 30%しか消化しません。体内を通るスピードが速 く、70%は植物性物質を含みバクテリアの値がとても低いですが、象 の糞ということから抵抗を感じる方のために、衛生機関に検査を依頼 し(VinLab 社)、バクテリア、ウィルスなど有害細菌数が0であるこ とが証明されています。

受  賞

Proudly South African 2018 受賞

南アフリカ公的機関が、製品やサービスの品 質・安全性、自然環境への配慮・校正な労働 環境の整備、かつ南アフリカ国内で生産され ているなど、様々な条件を満たしたものだけ に送られる称号。

SA CRAFT GIN AWARDS 2019
ダブルゴールドメダル受賞

南アフリカ全土から集められるクラフトジン コンテスト。「インドラブ・ジン オリジナル」 はダブルゴールドメダルを受賞しました。

アフリカの香りと
“野生動物保護” の精神を持った
ヴィンテージ GIN

インドラブジンはアフリカ・サバンナに生息する象の糞から取り出したアカシアやアロエ、アガトスマなどをボタニカルとしています。 象の好物であるこれらの植物は、香りの良さはもちろん強力な抗酸化作用(ポリフェノール)を含み、胃腸炎などの内服または下剤として利用される薬草として現地ネイティブの間で珍重されてきたものばかりです。 さらに象はその植物の中でも良質で新鮮なものを厳選し食すので、アフリカでは古くから象からのボタニカルは薬として使用されてきました。その上質なボタニカルを抽出してできたのがインドラブジンです。 インドラブジンの美しい透き通る“ボタニカルイエロー”は、それら植物繊維が厳選された証なのです。

ジンを味わって、野生動物が救えるということ。

南アフリカ現地のイブフ社( I b h u(Pt y)Ltd. )は販売利益の 15% をアフリカ 財団に寄付しています。 この取り組みはまた、SDGs の 15 番目「豊かな陸を守る」活動となり、絶滅危 惧種であるアフリカゾウを守ることの一助となっています。 私達がインドラブ・ジンの香りと味わいを楽しむことが、野生動物を救う活動 の一助となる。それがまた、ジンを味わうひとときをさらに豊かで、素敵なも のにしてくれると思いませんか。

Paula Ansley

ポーラ・アンスレイ

イングランドのノーサンブリア大学で免 疫学を教え、その後野生動物の保護のた め家族で南アフリカへ移住。 研究者として野生動物の保護に積極的に 携わっている。

密猟によりアフリカ象が激減しています

野生のアフリカ象は15分に1頭、1日にして96頭が殺されていま
す。これは、地球上のアフリカ象の出生数をはるかに上回っており、
必然的に頭数が激減するわけです。

なぜ殺される?「象牙」目的の密猟です

ワシントン条約でも、1989年以降、保護対象となっており、絶滅
危惧種に指定されていますが、密猟されたゾウの牙は象牙として簡単
に現金収入化できるので、密猟がなくなりません。

日本が世界最大の象牙消費国です

1995年以降だけでも、登録されているもので、14,000本、
185トンもの象牙が日本に輸入されています。1本ものの象牙の輸
入は違法ですが、象牙が分割されていると違法ではなく登録外の扱い
になっています。

日本には、象牙を扱っている会社・お店が8,000店もあり、輸入
している金額では世界で一番です。 言い換えれば、アフリカ象の年
間35,000頭もの密猟の原因の最右翼に “日本があります。

日本での購入・お問い合わせ

日本での購入・お問い合わせは、下記項目を入力の上、送信してください。
近日中に、担当者からご連絡させていただきます。
万が一、返信が届かない場合は迷惑メールなどに分類されている可能性もございます。
お手数ですが、下記メールアドレスまでご連絡ください。

総代理店 アセントジャパン合同会社

Ascent Japan LLC